かながわ生き活き市民基金


賛助会員の拡大状況を報告いたします。

●かながわ生き活き市民基金では、2018年9月より、当財団を継続的に支援してくださる「賛助会員」の募集を開始いたしました。(賛助会員について詳しくは ⇒こちら) ●賛助会費は、かながわ生き活き市民基金が行う助成事業(福祉たすけあい基金、エラベル)、研修・セミナー事業(フォーラム開催、報告書発行)、相談・助言事業(フードバンク支援業務受託、遺贈・生前寄付=準備中)、広報事業の4つの事業の運営に……

【市民基金フォーラム】地域のインフラとなる≪居場所≫が開催されました。

1月26日(土)市民基金フォーラム地域のインフラとなる≪居場所≫が79名の参加によって開催されました。今回は、西国分寺クルミドコーヒー店主の影山知明さんの講演、当財団の福祉たすけあい基金からの助成4団体からの事例報告が行われ、最後は影山さんのコーディネートによるディスカッションが行われました。 【市民基金フォーラム】福祉たすけあい基金助成団体の実践から  地域のインフラとなる≪……

~寄付の現場を伝えよう~「2018年度市民ライター講座」を開講しました。

2月2日(土)市民ライター講座(全4回)を開講しました。財団が助成した市民活動団体への取材および広報に携わるライター養成のための講座に9名の組合員・寄付者が「文章を書く奥義を学び、市民団体の活動をメッセージして応援したい。」との思いをもって参加しました。 この講座の特徴は、毎回書いた文章について講師からのフィードバックが受けられることです。この日の課題は、既にライター活動で活躍されている2人……

第5期事業指定プログラム「エラベル」~生活クラブ運動G新年会でのアピール~

1月10日(木)に行われた、生活クラブ運動グループ新春を祝う会で、第5期事業指定プログラム「エラベル」登録3団体(「NPO法人川崎市民石けんプラント」「NPO法人ワーカーズ・コレクティブ協会」「お福わけの会」)の活動アピールがありました。 1/10 生活クラブ運動グループ新春を祝う会でのアピール ……

1 2 3 17