かながわ生き活き市民基金


Category - 報告

第4期事業指定プログラム「エラベル」寄付募集始まりました!!

10月14日に第4期事業指定プログラム「エラベル」の選考委員会を開催し、2団体を登録しました。
今年度も、12月1日から2018年3月20日までの期間、各団体、目標金額達成にむけて寄付を募ってまいります。今年度も、皆様のご支援・ご協力をお願いいたします。

登録団体
川崎地域エネルギー市民協議会
東日本大震災による東京電力・福島第一原発事故を機に、多くの市民が原子力に頼らない電力へのシフトを希望しましたが、国は、エネルギー基本計画の中で、原子力をデータロード電源と位置づけ、策定しました。この件に関して、当団体は、川崎市での再生可能エネルギー推進条例を制定するため、市内の市民グループと共に再生可能エネルギーの社会づくりに取り組むことを目的に設立しました。
今回のエラベルでは、目標金額を60万円に設定し、署名集めの為の広報費、署名用紙費用を寄付により募っていきます。

NPO法人アクションポート横浜
平成17年度~平成21年6月まで横浜市市民活動支援センター事業を受託した運営委員会を中心に、市内のNPO関係者、企業関係者、大学関係者、専門家が参加して設立されたNPO法人です。今回、「エラベル」にて目標金額を60万円に設定し、中間支援組織として行うNPOインターンシップ事業の運営費(学生向け研修会・報告書作成費用・報告会開催費用)を寄付により募っていきます。